ボーイスカウトは、健やかな子供を育成する世界運動です。

大きな運動は、小さなキャンプから始まりました。

ボーイスカウトは、1907年、イギリスのブラウンシー島で行なわれたキャンプからスタートしました。都会育ちの少年たちにとって、このキャンプは夢と冒険にみちた初めての体験でした。少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどのなかで発揮させ、「遊び」をとおして少年たちに自立心や協調性、リーダーシップを身につけさせようと説いたのです。これがボーイスカウト運動の始まりです。

世界169の国と領域で4000万人以上が活動しています。

現在、世界では169の国と領域で4000万人以上がボーイスカウト運動に参加しており、また2億5千万人ものひとが人生の一時期をボーイスカウトとして過ごしています。この数字は、ボーイスカウト運動の意義、楽しさが広く世界に認められた証といえます。世界の大部分の地域で、多くのスカウトやOBを生んできたこの運動は、さらにその輪をひろげつつあります。

学校以外の場所がボーイスカウトの教室です。

現代の子どもたちは、受験勉強や塾通い、稽古ごとにおわれ、大人並の忙しさもまれではないといわれます。また、近所の子どもたちや学友と誘いあっていっしょに遊びまわることも少なくなりました。
ボーイスカウトの活動では、年齢の近い仲間たちと共に、大自然の中で思い切り楽しく遊びながら、多くのことを自らの心とからだで体験学習してゆきます。その過程で将来実社会で必要となる体力や健康、協調性やコミュニケーションの能力、リーダーシップといった、大きく見れば「共生の能力」の基礎とノウ・ハウを、ごく自然に身に付けることができるのです。

山野で、街角で、今日もボーイスカウトの声がはずんでいます。

楽しさ、きびしさ。想い出は、けっして減らない財産です。

ボーイスカウトの活動のベースは、休日を利用しての集会です。公園などに集まって、その日のテーマのもと、さまざまな活動を行ないます。草花や木々を観察したり、気象について学んだり、あるときは町の探検隊に、またあるときはレスキュー隊にもなり、子どもたちは楽しみながら学校では得られない知識と技能を体得してゆきます。周囲の人々に対するいたわりの気持ち、感謝、チームワーク、敬う心などもこうした日常活動の中で育まれるよう指導者も工夫をこらしています。これらすべての体験は、一人ひとりの胸に刻まれ、彼らを精神的に成長させます。

奉仕の心と人間愛が基本です。

ボーイスカウトの日常活動の大きな柱に、さまざまなボランティア活動があります。これはボーイスカウトの活動が自然と社会、そしてそれらを包括した人生そのものであることを示しています。そのためスカウトは全国規模の社会奉仕活動である赤い羽募金やユニセフ募金を率先して推進することはもちろん、公園などの清掃をはじめとする地域社会への貢献も積極的に行ない、人の役に立つことの大切さを学んでいます。

家庭にいても、学校にいても、ボーイスカウトの誇りを大切にします。

ボーイスカウトは子供の個性を尊重する運動ですが、同時にスカウトとしての活動中は規律を大切にします。そのためスカウトたちは入団するにあたって年齢部門別に「やくそく」や「ちかい」をたて、「おきて」を守ることを約束します。しかし、この内容は「体を強くし、心をすこやかに、徳を養います」といった人間としてごく当たり前の信条に他ならないものばかりです。ボーイスカウト運動はこのような信条を子供たちにはっきりと意識させることにより、家庭でも、学校でも、自らの責任と目的を自覚してより有意義な日常生活を送るよう促しています。

設備、組織、そして愛情。子供たちをささえる体制も万全です。

ボーイスカウトは5つのグループから構成されています。

小学校から大学まで、公教育制度にステップがあるように、ボーイスカウトも年齢別に5つの部門から成り立っています。各スカウトはそれぞれの年代の発達段階に応じた活動プログラムにより、スカウト活動に邁進します。

綿密なプログラムで、一人ひとりの個性を尊重します。

ボーイスカウトでは強制的な訓練は一切行なっていません。そのプログラムはスカウト個々人の長所を生かすよう綿密に作成されており、遊びでも奉仕活動でも、自分の意志で、自発性と自立心をもってスムーズにとけ込めるよう工夫がなされています。「班制度」と「進歩制度」はその一例です。小さなグループ(班)での活動を基本にリーダーシップ、協調性、責任感を養うのが班制度であり、また進歩制度はいろいろな課題を達成するにしたがって上級のスカウトに進んでゆく進級章と、興味に従って選択できる技能を修得する技能章から成り立っています。

入団のお問い合わせ

京都第27団ではスカウトを募集しています。 小学校就学前年の9月から随時入団受け付けています。 全国的にスカウト数が減少している昨今、当団も例外でなく、今では減少の一途をたどっています。 今一度大自然の中で、様々な技能を身につけられ、また友達の輪も広がり、 一方で社会の中で人のために役立つことの大切さを学べるスカウト活動を見直していただきたいと思います。対象となる年齢のお子さんをお持ちのみなさんは是非一度お子さんと相談していただき、ご入隊をお願い致します。見学や仮入隊も随時行っていますのでお気軽にご連絡ください。

ビーバースカウト隊 小学1年生~小学2年生

カブスカウト隊 小学3年~小学5年生

ボーイスカウト隊 小学5年生~中学3年生

ベンチャースカウト隊 高校1年生~高校3年生

入団についてはこちらからお問い合わせください。

その他の地区の団に入隊ご希望の方はボーイスカウト日本連盟03-6913-6262までお問い合わせ下さい。